かわやく活動報告ブログ

川崎市薬剤師会の活動の一部をご紹介しています。
H23年度 漢方&薬局製剤実習(2期生)
11月18日(金)
漢方と薬局製剤実習が開催されました。

午前は、漢方製剤実習を行いました。
中村先生の講義のあと、それぞれ漢方薬の製造を行いました。










葛根湯は皆で試飲しました。



午後は、薬局製剤実習を行いました。











(学生の感想)
 「葛根湯を試飲させていただき、患者に説明する際にも役に立つと思いました。」
 「漢方薬を身近に感じることができ、興味がわきました。」
 「漢方と薬局製剤を実際に作ることができ、貴重な経験になりました」
 「薬局製剤を今までよく分かっていませんでしたが、製造することで詳しく知ることができました。」

2期生の実習はこれで終了です。
次回3期生の実習は、1月13日(金)開催予定です。
2011年 : comments (x) : trackback (x)
H23年度 第6回オリエンテーション(2期生)
11月17日(木)
平成23年度第6回実務実習オリエンテーションが開催されました。

今回は、小林顧問弁護士に、「個人情報保護法」や、「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱のためのガイドライン」と題して、個人情報に関する講義をしていただきました。

(学生の感想)
 「薬局における個人情報の取扱い方について、法律的に学ぶことができ勉強になった。」
 「個人情報の漏れやすさや、恐ろしさ、盲点があることを学ぶことができた。」
 「薬剤師として働く上で、患者さんを守れるようにしていかなければならない。」


社会保険委員委員長 山村先生による
「薬薬連携 医療関係の連携」「医薬品の適正使用リスク管理」の講義です

(学生の感想)
 「薬剤師に与えられた使命はとても大きなものだということを改めて実感した。」
 「これからの薬剤師のやっていくべき事と姿が、具体的に分かったので本当に勉強になりました。」
 「大学の授業では学べない、貴重なお話を聞くことができました。」

金子先生による
「災害時の薬剤の仕事」の講義です

(学生の感想)
 「被災地での薬剤師の働きがよく分かりました。」
 「テレビ等で得る情報とは違う現場を感じられることができた。」
 「人の為になる仕事が出来る資格を持つということは素晴らしいと思いました。」

href="./pic/DSCN0057.JPG" target="_blank">

今回で、2期生のオリエンテーションは終了です。
次回、3期生のオリエンテーションは、1月12日(木)開催です。<a<a
2011年 : comments (x) : trackback (x)
平成23年度県下統一調剤事故防止研修会
11月15日(火)エポックなかはらにて
平成23年度県下統一調剤事故防止研修会が開催されました

「薬局等に対する市民からのご意見・苦情等について」
 講師 川崎市健康福祉局健康安全室 田中治己担当係長



KYT(危険予知トレーニング)について
 講師 林 成昭 先生



指差し呼称の様子








リスクマネージメント委員の紹介



質疑応答の様子





今年も たくさんの先生方が参加されました
2011年 : comments (x) : trackback (x)
くすりと健康フェアかわさき2011
平成23年10月23日(日)川崎地下街アゼリア サンライト広場にて、くすりと健康フェアかわさき2011を開催いたしました。



今年は、「くすりの適正使用協議会」のご協力をいただき、大型のパネルや模型を使って、薬の正しい知識についてのデモンストレーションをしました。
ステージ前には多くの市民の皆様が集まり、3回のステージは注目の的となりました。



毎年恒例になりました薬の相談コーナー、健康チェックコーナーにも行列ができ、
市民の皆さまの健康への関心の高さを改めて強く感じました。






また今年は、 医薬品についてのアンケートをお願いし、多くの皆さまのご協力をいただきました。ありがとうございました。
アンケートは、市内の薬局実習に入っている薬学生が行いましたが、薬学生にとっても 「くすり」をとおして市民の皆様と接する機会が持てたことは、価値の高い真の実習であるといえましょう。



多くの皆様のご来場 ありがとうございました。
2011年 : comments (x) : trackback (x)
H23年度 薬局製剤実習(2期生)
10月7日(金)
薬局製剤実習が開催されました。





「薬局製剤がどの様に製剤され、どの様な書類の記載添付が必要か
 販売までの過程などが学ぶことができた。」

「実際に製剤実習ができたことで、良く理解できた。」
「薬局製剤を地域医療に利用していくことで、薬局または薬剤師の
 地位向上につながって行ければ良いと感じた。」

などの感想がありました。
2011年 : comments (x) : trackback (x)
H23年度 第5回オリエンテーション(2期生)
10月6日(木)
平成23年度 2期生 実務実習オリエンテーションが開催されました。

介護支援委員会による「在宅医療・介護保険制度・高齢者と薬・薬剤師ケアマネージャー・在宅活動の状況」等の講義が行われました。



溝の口訪問介護ステーションの看護師による血圧測定指導の様子


血圧測定体験の様子


「血圧測定の仕方を学べ、実際に体験することができてとても貴重だった。」
「在宅医療の薬剤師の役割についても考える事が多く、広い分野の知識を持つことが大切」
との感想が多く上げられていました。
2011年 : comments (x) : trackback (x)
H23年度 漢方実習(2期生)
9月9日(金)
漢方実習が開催されました。

中村副会長による漢方の講義



実習の様子



煎じた葛根湯は実習生皆で試飲しました


実習生の感想

「実際に生薬を触ったり、においを嗅ぐことができ、漢方を身近に感じることができた。」
「漢方薬製剤の仕方や歴史に至るまで教えていただき、非常に貴重な経験ができた。」
「製造記録文書があるのも知らなかったので、実際に薬局製剤として扱う時の流れなど学ぶことができた。」
「漢方と材料の関係性についてもう一度復習をし、説明ができるようにしたいと思った。」
「葛根湯を製造できたことは、今後、漢方薬を扱う上でとても充実した実習となった。実際に作った葛根湯についての解説をもっと深く知りたいという意欲が湧いてきた。」
「煎じた葛根湯を実際に試飲をすることができたので、味を聞かれたときの参考になると思う。」

実際に漢方に触れることができ、とても充実した実習になったとの感想が多かったです。

次回実習は、10月7日(金)薬局製剤実習です。
2011年 : comments (x) : trackback (x)
H23年度 第4回オリエンテーション(2期生)
9月8日(木)
平成23年度2期生の実務実習オリエンテーションがスタートしました。

中村副会長による
「薬剤師の心構え・薬剤師倫理規定の解釈を中心に」の講義


紫藤学薬会長による
「学校薬剤師とは・地域で活躍する薬剤師の環境衛生活動など」の講義


照度の検査




講義終了後の学生の感想

中村副会長の講義では
「薬剤師の心構えとして薬剤師綱領と倫理規定の内容を、改めて詳しく勉強することができた。」
「セルフメディケーションの重要性や、薬剤師の存在意義について考えることが多くあった。」
「薬剤師となるにあたり、どういった責務を担い、どう地域に貢献していけばよいのか学ぶことができた。」

紫藤学薬会長の講義では
「学校薬剤師の仕事についての知識がなかったが、詳しく知ることができ将来の進む道の一つとして興味がわいた。」
「実験も非常に分かりやすく、学校薬剤師のイメージが湧くことができた。」
「実際に、照度の実験をすることができ、頭に入りやすかった。」

などの感想がありました。

次回のオリエンテーションは、10月6日(木)開催です。
2011年 : comments (x) : trackback (x)
H23年度 第2回 漢方&薬局製剤実習(1期生)
7月22日(金)
漢方と薬局製剤実習が開催されました。

中村副会長による 講義の様子


漢方製剤の様子


薬局製剤の様子



自分で作った薬は それぞれ大事に持ちかえりました

2011年 : comments (x) : trackback (x)
H23年度 第3回オリエンテーション(1期生)
7月21日(木)
平成23年度1期実習生第3回オリエンテーションが開催されました。

今回は、小林顧問弁護士先生を迎え、
「リスクマネージメント等に関する問題点」についてのお話をして頂きました。



社会保険委員会 委員長 山村先生
「薬薬連携 医療関係の連携」「医薬品の適正使用リスク管理」の講義



東日本大震災の被災地でボランティア活動をされた
金子先生のお話


講義終了後の学生の感想では、
小林顧問弁護士先生のお話について
「実際に起こった調剤事故の話を聞くことができ大変勉強になった」
「普段接することがない、弁護士の先生の話を聞けて貴重な時間だった」
「薬剤師としての患者との接し方の大切さを学んだ」

山村委員長のお話について
「スライドも見やすく、話の内容にとても興味がわき、しっかり勉強をしようと思った」
「ヒヤリ・ハット事例、医薬分業の現状と今後予想される事について学ぶことできた」
「自分が将来どういった薬剤師を目指したらよいか、アドバイスしてもらえた様な気がした」

金子先生のお話について
「薬剤師が被災地でどの様な活動をしているか、現場での話を聞くことができ良かった」
「実際の現場の写真を見ることができ、ボランティアの大切さを知る事ができた」
「危機的状況の被災地での、医師達との医薬連携がとても重要だと感じた」

と、その他様々な感想がありました。
1期生の実務実習オリエンテーションは、今回で終了です。

次回は9月より、2期生の実習が始まります。
2011年 : comments (x) : trackback (x)

横 300 pixel 縦 192 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 405 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。